コンパクトマンションとは|シングル・DINKs向け

電話番号電話番号
お問い合わせ・資料請求お問い合わせ・資料請求
トップ当社の強み物件紹介不動産の売却ご契約の流れよくあるご質問お客様の声アクセス会社概要
大阪のコンパクトマンションが月々4万円から購入可能大阪のコンパクトマンションが月々4万円から購入可能
トップ当社の強み物件紹介不動産の売却
ご契約の流れよくあるご質問お客様の声会社概要

コンパクトマンションとは

コンパクトマンション

コンパクトマンションの需要

少子化や非婚・晩婚化を背景に、シングルやDINKSなどの少人数世帯が増加しており、
コンパクトマンションは今後も需要の伸びが期待されています。
2000年代以降、大手ディベロッパーによる質の高いコンパクトマンションの供給が拡大してきたことで、
現在では中古市場でも優良な物件が流通している状態です。

また、2025年の万博やカジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致計画により、
大阪の不動産はこれからの活況が期待されています。

コンパクトマンションの特徴

コンパクトマンションは都心部で勤務する単身者や共働き夫婦を中心に需要があります。
近年では特に単身女性の需要が伸びているため、駅に近くてセキュリティ、収納、サニタリー、
キッチンなどに女性ならではのこだわりを反映した物件が多くあります。
一般的な賃貸マンションと比べると、「一生の買い物」としての資産価値を求められる分譲マンションは、
居住環境や生活する上での利便性に優れた仕様になっています。
将来をみすえた資産性と、快適で自由な居住性がコンパクトマンションライフの魅力なのです。

コンパクトマンションならではのお部屋選びでの注意点は?

①40㎡未満のマンションは住宅ローン控除の対象外です

住宅ローン控除とは、住宅ローンの年末残高の1%(中古物件は最大20万円)が
10年間または13年間にわたり、所得税や住民税から控除される税制面での優遇のことです。
令和3年度の税制改正により、住宅ローン控除が適用される面積が「50㎡以上」から「40㎡以上」に条件が
緩和され、40㎡台のコンパクトマンションを購入される方にとっては非常に大きなメリットとなりました

ただし、2021年11月までの契約であり、40㎡台での適用を受けられるのは所得が1000万円以下、
中古マンションは築25年以内または耐震基準適合証明書が取れる物件(1981年6月以降の新耐震基準で
建築確認を受けた物件)、住宅ローンの期間は10年以上、などの条件がありますので注意が必要です。

②マンションのコンセプトにより住環境が異なります

コンパクトマンションには、大別して以下の3パターンがあります。

③将来的な「売却」や「貸す」という可能性も考える

マイホームを購入してもさまざまな事情で住み続けられなくなる可能性もありますが、
立地条件の良いコンパクトマンションはファミリーマンションや戸建て住宅に比べると
売却や賃貸がしやすいと言えます。
しかし、立地や設備にこだわるあまり、相場より割高なマンションを購入してしまうと
売却のときに損をしてしまうリスクが高くなります。
また、価格が安いからといって都心部や駅から離れたマンションを購入すると、
売却に時間がかかったり、賃貸にしても入居者がなかなか見つからないということにもなりかねません。
優先すべき条件は人それぞれですが、いざという「売却」や「賃貸」にも困らない物件かどうかという
ポイントもおさえておいた方がいいでしょう。

お気に入りの物件が見つかれば、管理状況や適正価格の調査、
周辺相場や取引事例などの資料を参考に最終判断するように
しましょう。
収益マンションでの賃貸ノウハウにも精通した当社なら、
物件のご紹介はもちろん、資産価値の分析、資金計画の
プランニングから将来的な運用方法のアドバイスまで、
しっかりとサポートいたします。
コンパクトマンションライフコンパクトマンションライフ
コンパクトマンションとはコンパクトマンションとは
こんな方にオススメこんな方にオススメ
賃貸との比較賃貸との比較
新築と中古の比較新築と中古の比較
維持費と資産価値維持費と資産価値 単身世帯向けマンション単身世帯向けマンション
2~3人世帯向けマンション2~3人世帯向けマンション
住めなくなったらどうする住めなくなったらどうする
マンションを貸す・運用するマンションを貸す・運用する
マンションを売却するマンションを売却する