コンパクトマンションのメリット|賃貸との比較

電話番号電話番号
お問い合わせ・資料請求お問い合わせ・資料請求
トップ当社の強み物件紹介不動産の売却ご契約の流れよくあるご質問お客様の声アクセス会社概要
大阪のコンパクトマンションが月々4万円から購入可能大阪のコンパクトマンションが月々4万円から購入可能
トップ当社の強み物件紹介不動産の売却
ご契約の流れよくあるご質問お客様の声会社概要

コンパクトマンションと賃貸の比較

コンパクトマンション

コンパクトマンションと賃貸、それぞれのメリットとデメリットの比較を一覧にしました。
価値観や生活スタイル、将来設計などを踏まえ、賃貸の気軽さとコンパクトマンションの魅力を
比較してみてください。

お金・コスト

コンパクトマンション 賃貸



同条件の部屋なら賃貸より毎月の支払いは安くなる
住宅ローンの支払いはムダ払いにならない
住宅ローンを利用すると生命保険のメリットがある
初期費用は家賃の3~5ヶ月分程度
部屋の設備の維持費にお金がかからない
固定資産税がかからない




まとまった初期費用が必要
設備や水回りの修繕・メンテナンスは自費になる
固定資産税がかかる
同条件の部屋なら購入するより家賃は高い
家賃は「掛け捨て」になる

快適さ・気軽さ

コンパクトマンション 賃貸



分譲マンションならではの快適で便利な居住性
好みのリフォームを自由にできる
自分がオーナーなので細かいことを気にしなくていい
快適さを求めて引っ越しができる身軽さがある




気軽に引っ越しができない 住居費が同じなら部屋のグレードは下がる
リフォームには家主の承諾や制限がある
壁に釘を打つこともできない
(補修費用を請求される)

将来性

コンパクトマンション 賃貸



ローンが終われば住居費の負担がわずかになる
売却したり家賃収入が得られる資産となる
老後の住まいを確保できる
収入が下がれば安い賃料の部屋に引っ越せる




収入が下がればローンが重荷になる
資産価値は年々減少していく
老後は住居費の負担が重くのしかかる
老後まで何千万円の賃料を払っても何ものこらない
退職後は入居できる物件が限られる

まとめ

賃貸は気軽ですが資産性がなく老後リスクがあります。
コンパクトマンションは固定資産税や設備の維持費にお金がかかりますが、
快適で将来性や資産性があり、いざとなれば売却や賃貸という手段も選べます。

コンパクトマンションのデメリットは「無理をしない」、「物件選びで失敗しない」ことにより
最小化できますので、ご不安な点があればなんでもご相談ください。

お気に入りの物件が見つかれば、管理状況や適正価格の調査、
周辺相場や取引事例などの資料を参考に最終判断するように
しましょう。
収益マンションでの賃貸ノウハウにも精通した当社なら、
物件のご紹介はもちろん、資産価値の分析、資金計画の
プランニングから将来的な運用方法のアドバイスまで、
しっかりとサポートいたします。
コンパクトマンションライフコンパクトマンションライフ
コンパクトマンションとはコンパクトマンションとは
こんな方にオススメこんな方にオススメ
賃貸との比較賃貸との比較
新築と中古の比較新築と中古の比較
維持費と資産価値維持費と資産価値 単身世帯向けマンション単身世帯向けマンション
2~3人世帯向けマンション2~3人世帯向けマンション
住めなくなったらどうする住めなくなったらどうする
マンションを貸す・運用するマンションを貸す・運用する
マンションを売却するマンションを売却する