新築と中古の比較|コンパクトマンション

電話番号電話番号
お問い合わせ・資料請求お問い合わせ・資料請求
トップ当社の強み物件紹介不動産の売却ご契約の流れよくあるご質問お客様の声アクセス会社概要
大阪のコンパクトマンションが月々4万円から購入可能大阪のコンパクトマンションが月々4万円から購入可能
トップ当社の強み物件紹介不動産の売却
ご契約の流れよくあるご質問お客様の声会社概要

新築コンパクトマンションと
中古コンパクトマンションの比較

新築コンパクトマンションと中古コンパクトマンションの比較

マンションの購入では、新築にするか中古にするかで悩むことも多いと思います。
予算的に中古コンパクトマンション一択という人もいれば、
新築マンションを買うか同予算で広めの中古マンションをリノベーションするかで悩むという人もいます。
新築と中古それぞれのメリットとデメリットを比較することで、
マンション選びのポイントを整理することもできます。
目先のメリット・デメリットだけではなく、長期的な目線で比較してみることも大事です。

メリット

新築コンパクトマンション 中古コンパクトマンション
人気の間取りやコンセプトを採り入れた物件が多い
最新式や流行りの設備が備え付けられた物件も多い
未使用のキレイなマンションに住める
住宅ローンの期間を最長で組めるケースが多い
モデルルームで気軽に見学できる
購入後10年くらいは修繕にお金がかかりにくい
オーナー入居者が多い
お金に余裕がなくても予算に応じた物件を探せる
リフォーム済みの状態で販売されている物件も多い
都心部は物件数が多いので希望条件で探しやすい
実物を見てから購入を考えることができる
ご近所さんの状況を下調べしておくことができる
マンションの管理状況をチェックできる
売却時の値下がりリスクをおさえられる

デメリット

新築コンパクトマンション 中古コンパクトマンション
価格が割高になっている
売却時に価格が大きく下がるリスクがある
未完成物件の場合、想定外というリスクがある
修繕積立一時金という初期費用がかかる
管理費・修繕積立金が10年後くらいに値上がりする
物件によっては住宅ローンを長期で組めない
リフォーム前提で購入するなら別途お金がかかる
購入から短期間で設備の修繕が必要になることもある
仲介手数料がかかる
古いマンションではペット飼育ができないケースもある

まとめ

新築マンションは自己資金や予算に余裕がある人向きです。
また、50㎡以上のマンションを購入するのであれば、住宅ローン控除や税金の軽減などが受けられるので、
新築マンションや築年数が浅い中古マンションがおすすめになります。
どうしても新築に住みたいというこだわりがなければ、豊富な中古マンションの中から予算に応じた
お気に入りの物件を探すことが賢明といえるでしょう。

お気に入りの物件が見つかれば、管理状況や適正価格の調査、
周辺相場や取引事例などの資料を参考に最終判断するように
しましょう。
収益マンションでの賃貸ノウハウにも精通した当社なら、
物件のご紹介はもちろん、資産価値の分析、資金計画の
プランニングから将来的な運用方法のアドバイスまで、
しっかりとサポートいたします。
コンパクトマンションライフコンパクトマンションライフ
コンパクトマンションとはコンパクトマンションとは
こんな方にオススメこんな方にオススメ
賃貸との比較賃貸との比較
新築と中古の比較新築と中古の比較
維持費と資産価値維持費と資産価値 単身世帯向けマンション単身世帯向けマンション
2~3人世帯向けマンション2~3人世帯向けマンション
住めなくなったらどうする住めなくなったらどうする
マンションを貸す・運用するマンションを貸す・運用する
マンションを売却するマンションを売却する