コンパクトマンションの売却|大阪

電話番号電話番号
お問い合わせ・資料請求お問い合わせ・資料請求
トップ当社の強み物件紹介不動産の売却ご契約の流れよくあるご質問お客様の声アクセス会社概要
大阪のコンパクトマンションが月々4万円から購入可能大阪のコンパクトマンションが月々4万円から購入可能
トップ当社の強み物件紹介不動産の売却
ご契約の流れよくあるご質問お客様の声会社概要

マンションを売却する

コンパクトマンションの売却

売却はどんな不動産会社に依頼すればいい?

新築マンションを購入するとき、大手が分譲するマンションブランドを重視する人はいますが、
中古マンションを購入する際に大手の不動産会社から購入することを重視する人はあまりいません
中古物件では価格、立地、築年数、外観や間取りなど、マンションそのものを気に入るかどうかが
重視されるからです。

ではマンションを売るときはどんな不動産会社に仲介を依頼すればいいのでしょうか。

マンション探しはインターネット検索が主流

大手不動産会社のネームバリューや購入希望者の情報量は、マンションを売りたい人にとって
魅力的に見えますが、そのメリットは以前ほど重要ではありません。
なぜなら、買い手はスマホなどインターネットをメインツールに、SUUMO(スーモ)、
LIFULL HOME'S(ホームズ)、at home(アットホーム)といった不動産情報サイトで、
希望の条件を入力して物件探しをするからです。

適正な価格で早く売れるためには

マンションの売却を依頼された仲介会社は、一般の人の目にとまるよう、自社ホームページや不動産情報
サイトに広告を掲載するのと同時に、すべての不動産会社が情報を共有できる「不動産流通機構(レインズ)」に速やかに登録・掲載して、売主さまの物件が早期に成約となるように努めなければいけません。
これが本来あるべき仲介業の責務と流れです。

しかし、「両手取引」が認められておる日本では、仲介手数料を売り手と買い手の両方から取るために、
物件情報を公開せずに自社だけで買い手を探す、いわゆる「囲い込み」とよばれる行為が、
大手不動産会社に高い比率で蔓延しているのが実情です。
早期に売れる機会を逃すことで値下げを余儀なくされることもあり、また、同じ会社が買い手・売り手の
両方の仲介をするということは、買い手側の要求をのむために、売り手側が値引きを誘導されることも
あるということなのです。

つまり、マンションを売るときの不動産会社は、規模で選ぶのではなく、「両手取引」にこだわらず
誠実に売却をサポートしてくれるかどうかで選ぶことが大事
なのです。

不動産情報サイトやレインズへの広告掲載・情報公開をきっちりすることで、依頼された物件の
早期売却の機会が増え、売主さま・買主さま両方にとって公正で適正な価格の取引につながります。

マンションを売却するときに知っておいた方がいいこと

最近では当社のように、仲介手数料を正規(3%+6万円)から値引サービスするところも増えてきています。
大手不動産会社と比べると、仲介手数料が何十万もお安くなるのでかなりお得です。

大阪の売却物件募集
ワンルームマンション、コンパクトマンション、ファミリーマンション、
土地、戸建て、アパート、マンション、何でもご相談ください。
不動産売却の無料査定|大阪
コンパクトマンションとはコンパクトマンションとは
こんな方にオススメこんな方にオススメ
賃貸との比較賃貸との比較
新築と中古の比較新築と中古の比較
維持費と資産価値維持費と資産価値 単身世帯向けマンション単身世帯向けマンション
2~3人世帯向けマンション2~3人世帯向けマンション
住めなくなったらどうする住めなくなったらどうする
マンションを貸す・運用するマンションを貸す・運用する
マンションを売却するマンションを売却する